交通事故慰謝料.NAV

慰謝料について~交通事故~

よくあるケース

交通事故の慰謝料について、よくあるケースは保険会社の治療費の突然な打ち切りです。交通事故で負った打撲やムチウチ、骨折がまだ治っていないにも関わらず突然保険会社から下りる治療費の支給がストップしてしまうことがよくあります。 一般的には、打撲は1ヶ月、ムチウチは3ヶ月、骨折は6ヶ月とある程度の目安があるようです。 しかし体の状態からまだ通院が必要とされるとき、治療費の支給がないと困ると言った方には、病院に通院しているといった既成事実が必要となります。通院率が低くなってしまうと、やはり打ち切りが早まるようです。しっかりと通院し、病院の先生にも意味のある処方、処置をしてもらう必要があります。 例えば意味のあるのかないのか分からない湿布を処方されるだけでは通院していたとしても意味を成しません。病院の先生ともしっかりとコミュニケーションをとり、無駄な通院は避けましょう。 そして、保険会社に突然打ち切りをされてしまったからといって、保険会社でごねたりしてはいけません。不利になるだけですので、そうする前にしっかりと通院して、弁護士に相談してみると良いです。

CONTENTS LIST